前回の緑色の基板は10枚だけ作った言わば試作品。
動作確認が取れたので実際に販売する基板を発注しました。
業者に注文する際、緑の基板は基本料金で10$追加すると他の色が選べます。10枚だとさすがにもったいないけど、100枚作るとなると好きな色にしたいなと。
っで、赤にしました。

他に悩んだのは黄色と青。
黄色は木工製品に溶け込みやすそう。
青は看板とかのロゴに青使ってるから。コーポレートカラーって程でもないけど。

でも赤。

届いたの見た時、『正解!』って思いました。かっこいい!

早速、部品を乗っけて量産に入りましたが、ベタ基板よりやっぱり楽です。熱がランドに不必要に逃げないので素早く手ハンダできます。作業時間にして1枚あたり5分短縮かな。
あんま、時間的効果無かったね。
精神的や肉体的な疲れは凄く減ったと思うよ。

基本的にはハンダ済みの木工キットの路線は外しませんが、要望あれば、基板と部品でパッキングして電子工作も楽しめるようにするよ。

一年前、ここまでやるとは自分でも思ってなかった。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM